fc2ブログ

新製品 「SoundStabilizer ORIGIN」

P1040315.jpg

新製品「SoundStabilizer ORIGIN」のご紹介です。

いつもメールなどのお問い合わせでスタビライザーのグレードによる

音の違いを教えて下さいと聞かれ文章による音の表現に苦労しています。

そこにまた新たなスタビライザーが加わりました。

P1040313.jpg

しかしこの「SoundStabilizer ORIGIN」は

コンセプトも構造もまるで違うので別物だとお考え下さい。

最大の特徴は「ギター側のプラグにプリアンプが内蔵されている」事です。

これによってパッシブギターの弱点であった

シールドによる音の劣化がほぼ皆無になりました。

一音弾くだけでギター⇔エフェクター(アンプ)間で

こんなに音の線が細くなっていたのかと感じるはずです。

もちろんノイズも乗るしシールドによる音の変化も大きい。

この SoundStabilizer ORIGIN は音が面で出ている印象で格段に太くなります。

(この音こそギターが本来持っている太さなのかも?)

あぁどんな良いシールドを使っても結局ここで劣化しているのか・・・

劣化と言う表現に語弊があるとすれば

「大きく変化してしまっている」ですかね。

本体には LEVEL・TONE・PHASE のコントロールがあります。

LEVELは入力された信号を最大6db(約2倍)にブースト可能。

TONEはギターに付いているトーンの様な効き方で、

コモらせると言うよりは絞ると柔らかさが加わる様な感覚です。

例えばフロイドローズ搭載ギターのメタリックな響きを和らげる補正が出来たりします。


エレキギター主体で解説しておりますが、

パッシブピックアップを後付したアコースティックやウクレレなどのギターにも大変有用です。

(元々の発想はそういったギターへの新しいアプローチを試みた新基軸機材として生まれた面もあります)

エレアコなどの内蔵プリアンプから出るサウンドとはまた違った

オーガニックな響きを持ったサウンドが持ち味です。


使用上の注意点としましては、

専用ケーブルはプラグ内のプリアンプの電源供給も行っているので

他のシールドでは代用出来ない。

(左ギター側TS 右本体側TRS)

P1040316.jpg


基本的にパッシブピックアップ専用のHi-Z入力である。

ギター直後からLo-Z出力となるので、

ファズなどHi-Zで入力しないと本来のサウンドが出せないエフェクターは組み込めない。

などです。

ご注文時に専用ケーブルのプラグ形状もお選びいただけます。

ギター・本体側共ストレート・L字のどちらでもお選びいただけます。

(ご指定の無い場合は双方ストレートプラグとなります)

既に特注でご指定いただいたNEUTRIKのプラグで製作もしております。

その際はお取り寄せまたはパーツの持込等によるアップチャージにて対応可能です。


ご紹介した製品に関するご相談やお問い合わせは下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR