FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

POD HD400 での4ケーブルメソッド

2月23日の当ブログでのエントリーでPOD HD400での

4ケーブルメソッドが上手くいかないと書きました。

原因はPODの「FX SEND」「FX RETURN」のインピーダンスにありました。

P1040354.jpg

FX SENDの出力インピーダンスが616Ω、

FX RETURNの入力インピーダンスが1MΩです。(数値はメーカー公表値)

アンプを使った4ケーブルメソッドの場合FX SENDはアンプのインプットへ、

FX RETURNはアンプのSENDからの信号が入力されます。

この2ヶ所でインピーダンスアンマッチが起こり2度ごっそり低音が削られます。

FX SEND(Lo-Z)→AMP INPUT(Hi-Z)

AMP SEND(Lo-Z)→FX RETURN(Hi-Z)

これではPODで作った高品質なアンプシュミレーターサウンドと

ごっそり低音が削られた実際のアンプサウンドをバランスさせる事など出来ません。

FX SEND(Lo-Z)→AMP INPUT(Hi-Z)の間は

FinalStabilizerLo-Z to Hi-Z Converter

などを使用してインピーダンスをマッチングさせる事が出来ますが、

AMP SEND(Lo-Z)→FX RETURN(Hi-Z)の間は

PODのGUITAR INPUTをインピーダンスMODしたのと同様に

FX RETURNをインピーダンスMODする必要があります。

ここに手を加えないとPOD HD400での4ケーブルメソッドが前に進みません。

近日中にPODの FX SEND・FX RETURN に手を加えますので

処置が済み次第またこちらでレポートしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。