ここ最近インピーダンスMODしたエフェクター その4

今回はプリアンプ・マルチエフェクター・アンプシュミレーターのご紹介です。

LINE6 POD HD
P1030876.jpg

HD500・HD400に続いてのHDシリーズです。

主にパソコンに繋いで使う事が多いと思うのですが、

シールドでインターフェイスに繋ぐと

そこでインピーダンスアンマッチが起きてしまうので

同軸デジタルケーブルかUSBで繋ぐ方が断然良い結果が出ています。


DIGITECH RP1000
P1030788.jpg

ノーマルでのレベルの高さに驚いた機種です。

PODやBOSS GTシリーズよりもサウンドのリアルさでは上を行っている感じがしました。

依頼されたお客様は

Guitar→Stabilizer→RP1000→AmpReturn

の接続順で4ケーブルメソッドではないようです。

早速スタジオとライブでお使い頂いたそうで率直なご感想を頂きました。

「Lowが出て立体感が増した、空間系がクリアになった」

短くまとめすぎましたが「期待した以上の効果だった」と締めくくって頂けました。

店頭デモ機のPOD HD400でも試験していい結果だったのでお伝えしたのですが、

普通にシールドでAmpReturnに繋ぐよりもXLRバランスアウトをフォンに変換して

AmpReturnに繋ぐ方が解像度や音圧が増します。

これも試してみて「かなり良かった」とご報告頂けました。


Roland GP-100
DIGITECH GSP1101
DIGITECH 2120
P1030852.jpg

以前ブログで紹介させて頂いたお客様からまとめてのご依頼でした。

GT-100やGSP1101のインピーダンスMODのレビューについては

お客様が運営されているブログで詳しくご紹介頂いています。

PON HALEN OFFICIAL BLOG

4ケーブルメソッドについては経験・知識とも豊富に持たれており、

数多く実践されてきた中での厳選されたプリアンプ群だと思います。

個人的にGP-100や2120のレビューも楽しみにしています。




デジタル技術の進歩のおかげでモデリングサウンドも

昔とは比較にならないほど表現力が増したました。

ただあと一歩及ばない何か足りないと言う要素はインピーダンスの壁だったんだと

ご紹介したシュミレーターやプリアンプのMOD結果で実感しています。

4ケーブルメソッドも利便性とサウンドキャラクターの豊富さだけではなく、

本当にトーンを追求して行けるツールとして

今後は自分でも研究してみたい新たな課題にもなりました。

お問い合わせに関しては下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アクティブGuita(EMG)r→ワイヤレス→BOSS GT-100→AmpReturn

上記接続の場合、

1、GT-100をLo Z MOD

2、ワイヤレス→LoZ to HiZ Converter(FS-2)→BOSS GT-100

どちらがよいのでしょうか?

また、ほかの良い接続方法はございますか?

Re: No title

ご質問ありがとうございます。

GT-100をインピーダンスMODする方をおすすめ致します。

単にインピーダンスを合わせるだけならFS-2で行けると思われるかもしれません。

GT-100などのインピーダンスMODは単にインピーダンスを合わせるだけでなく、

GT-100初段インプットバッファの動作を最適化する事も目的のひとつです。

いくらHi-Zで押してもなかなか効果が得られないんです。

アクティブギターもワイヤレスも出力はLo-Zなので

そのままGT-100にプラグインすればインピーダンスはマッチングし

インピーダンスMODの効果が充分に発揮されると思います。

他にお問い合わせございましたら下記アドレスまで直接質問下さい。

evaemis@power.email.ne.jp

ご検討の方よろしくお願い致します。

XLRバランスアウトをフォンに変換

ZOOM G3でXLRバランスアウトをフォンに変換して、AmpReturnに繋ぐという方法を導入してみたいと考えております。”XLRバランスアウトをフォンに変換”というのは具体的にはどのような接続方法をとればよいですか?また、現在エフェクター→アンプ間で使用しているシールドをそのまま使うことはできますか?

Re: XLRバランスアウトをフォンに変換


XLRバランスケーブルを1本用意してその先をTSフォン端子に変換します。お試しになられるのは良いですが結果や破損等の責任は負いかねますので自己責任でお願い致します。

http://www.amazon.co.jp/KC-%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC-XLR-Phone-CA309/dp/B000TV169Y
プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR