FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インピーダンスMODについて Part④

POD HD500をインピーダンスMODして得られたシュミレーターの可能性

P1030574.jpg

POD HD500をMODするきっかけになったのはSHINJI氏との電話からでした。

「PODを使ってRECする事もあるがサウンド面でもう少しなんとかならないものか。」

この問いに関しては既にインピーダンスMODを始めていたので、

PODもインピーダンスMODすればかなり良くなるだろうと思いました。

その前にPOD HD500の説明書を読むと入力インピーダンスが変えれるとの事。

上は3MΩから下は22kΩまで。

本当にそうならMODしなくても22kΩにして手前にSoundStabilizer繋げばOKかも。

とりあえず送ってもらってこちらで色々テストしてみた結果、

入力インピーダンスを変えてもこちらが思っているような変化ではない。

まずPOD入力部分のバッファーを通過しその後に

インピーダンスを変化させるセクションに信号が入るので、

結局POD自体はHi-Z入力で他のエフェクターと同じでした。

ノーマルの状態で色々サウンドチェックしてみましたが、

やはりシュミレーター感ありありで個人的には苦手なサウンド。

昔の物に比べればギターボリュームの追従性は良くなっていると思いました。

P1030569.jpg

さてインピーダンスMOD後の変化について。

正直言って別物になります。

インピーダンスMODで最大の衝撃でした。

シュミレーター臭さが消え実物のアンプをイジって音作りしている感覚になります。

店頭にあるTAPCOのモニタースピーカーからリアルなアンプの音が出ました。

ここで言うアンプの音と言うのは実物のアンプから出ている音と言うより、

キャビネットシュミレーターやマイクシュミレーターを通した音は

CDで聞いてきた名機・名演の音と表現した方がいいでしょう。

面白いように音が作れるのでこれは買わねばと思い即POD HD400を購入!

P1030718.jpg

こちらはインピーダンスMODを施し店頭デモ用として常備しているので試奏可能です。

今までアンプシュミレーターで感じていた違和感。

弦のゲージが一回りも二回りも細くなったような印象や

実際のアンプで音作りしている時とのギャップは解消出来ました。

レースゲームをモニター越しにコントローラーで操作していた感覚から、

実際にクルマに乗り込んでドライビングする感覚ですね。

G-SYSTEMの時に書きましたがデジタルエフェクターのインプットバッファーの働かせ方と

インピーダンスアンマッチの問題をクリアしない限り「違和感」は続くでしょう。



インピーダンスMODしたPODをライブで使うとなればアンプに繋いで鳴らすより、

XLRキャノン端子を使ってそのまま卓へ送るのがベストでしょう。

ギターアンプへ繋いでしまうとまたそのギターアンプの個性とぶつかるので、

作り込んだ音とのギャップを埋めるのに苦労してしまうと思います。

とにかくライブやレコーディングでいかにもシュミレーターで作りました的な

サウンドからは脱皮出来ると思います。

デモ機も用意していますのでご来店頂ける方は是非体感してみて下さい。


お問い合わせやご来店のご予約は下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。