fc2ブログ

ジャズコ対策

ジャズコと言われるRoland JC-120、

どこのスタジオやライブハウスにも常備してあるアンプです。

ハードロックやメタル系のギタリストにとっては苦手なアンプではないでしょうか。

個人的な感想ですがどんな評判の良い歪みのペダルを繋いでも納得いかない。

ソロなどの単音なら結構いい線まで持っていけるのですが、

どうしてもリフやバッキング系の和音になると

まとまりが無いと言うかバリバリとした耳障りの良くない感じになってしまいます。

結構この手の相談は少なくありません。

過去にBackingStabilizerを使ってジャズコをフルテンにしてテストもしました。

かなり嫌なクセがとれフラットに近い特性になりましたが、

やはりリフ系のサウンドを納得行くサウンドに出来ませんでした。

そこで発想を変えてMicroPreampを使いもっと積極的なイコライジングで

サウンドメイキングをしてみようと思いテストしてみた結果。

大成功でした。

テストにはFinalDriverとMicroPreampのみを使って行いました。

P1030304.jpg

アンプのEQはほぼフラットで6弦開放の輪郭がぼやけない程度まで下げただけです。

P1030302.jpg

あとはMicroPreampのEQで調整してあげれば、

あのバリバリとした嫌な周波数帯がなくなり

スムースなドライブが得られるようになりました。

充分納得の行くサウンドです。

これは是非ジャズコでのハイゲインサウンドに悩んでいる

ギタリストに試していただきたいです。

MicroPreampはベースにエレアコにマルチエフェクターにと

色々なシチュエーションで使えますので1台あるときっと重宝するとでしょう。

今後動画にでもしてそのサウンドをお聞かせ出来る様考えたいと思っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR