fc2ブログ

Kanter Audio の衝撃

EVA FACEBOOK にて先行公開中の「Kanter Audio」について所感を。

P1030233.jpg

実はまだ10分程度しか視聴していないのですが、

しかし10分どころか数秒聴くだけで充分衝撃的でした。

正位相の信号のみ最大6dbブースト出来る「Kanter」は以前ブログでも紹介いたしました。

ステレオ仕様にしオーディオの使用に耐えうるようリファインしたモデルです。

さてその「Kanter」をオーディオ環境で聴くとどうなるのか。

正位相で録音されているボーカルや楽器がスピーカーから飛び出して来るような感覚。

音像が立体的になり正に目の前で歌っているような錯覚を起こします。

ボーカルのブレスや吐息、

こんな音まで録音されていたんだと聞きなれたCDでさえ新たな感動を覚えます。

音のステージングが見えると言うか聞き取れるようになるので、

各楽器の立ち位置が明確になり臨場感が増します。

さぁこれをどの様に活用すればいいのか?

もちろんオーディオに繋いでこの感覚を体感してもらうのはもちろんの事、

個人的にはライブハウスのPAに使ってみたいですね。

各楽器の位相をバッチリ揃えた上で「Kanter Audio」を通してPAから出力する。

想像するだけでもワクワクするようなライブになりそうです。

楽器単体で「Kanter」を使っても

ギターやベースのキャビネットの性能が向上したような聴感上の効果。

スピーカーをインチアップしたような迫力、

アンプのダンピングファクターが増したような音のキレ、

指先とアンプが直結しているような音のスピード感、

このウソのようなホントの効果がPAからバンドサウンドとして耳に飛び込んで来るんです。

機材など入れ替えなくてもそのライブハウスの評判が

勝手に上がっちゃうんじゃないかと考えてしまいます。

今年は無理でも来年は協力してもらえるバンドとライブハウスを探して

ぜひとも「衝撃の実験」をやってみたいですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR