fc2ブログ

音ヤセの原因とは

ブログに書いた事もあり最近インピーダンスマッチングに

ついての問い合わせが多いです。

色々組み合わせや接続順などを試験して分かって来たのですが、

所謂「音ヤセ」の一番の原因はインピーダンスの

アンマッチではないかと言う事です。

例えばアクティブのギターやベースは一番最初の

エフェクターに繋いだ時点でインピーダンスの

アンマッチが起こり既に「音ヤセ」している。

以前ブログでも書きましたがほぼ全てのエフェクターは入力がHi-Z(1MΩ)です。

エフェクターがトゥルーバイパスだとか高級なハンダや配線材を

使っているなどは二の次で、インピーダンスのアンマッチを解決しない限り

根本的な対策になっていないのではないか。

ではパッシブのギターやベースなどのHi-Z出力の楽器は

エフェクターとの入力時点でインピーダンスが

マッチングしているので「音ヤセ」しないのかと言えば違う。

そもそもパッシブ楽器の出力自体が非常に微弱なのでシールドの長さや材質、

繋ぐエフェクターの数などの影響をモロに受けてしまいます。

そのパッシブ楽器の弱点を解消する為に「SoundStabilizer」を

システムに組み込む事で対応してきましたが、

今年「FirstStabilizer」を開発し色々試験する中で状況がかなり変わって来ました。

インピーダンスマッチングや音ヤセに対する考えを根本的に見直し出したのも

「FirstStabilizer」で試行錯誤し始めてからです。

とくに「FirstStabilizer 2way」はパッシブ・アクティブ両方に対応します。

パッシブの微弱なHi-Z信号はより強くよりリアルに

Hi-Zのまま押し出し次のエフェクターへと橋渡しします。

アクティブのLo-Z信号はここでHi-Zに変換されるのでエフェクターとの

インピーダンスマッチングがしっかり取れ音ヤセがなくなるどころか、

アクティブ特有の平面的でのっぺりしたサウンドが立体的になり上質のパッシブ楽器に

なったかのような今まで体感した事のないサウンドに生まれ変わります。

ひとつめの橋渡しがいかに重要かはしっかり検証と実証が出来ましたが、

アンプのセンド・リターンに対するインピーダンスや

ボリュームペダルの接続については

今後もう少し時間を掛けて検証し解決策を見出したいと思っています。

とくにボリュームペダルはHi-Z入力のタイプならどこに繋いでもOK、

音ヤセの解消は高級なハンダ・配線材・ポットやナントカ処理で解消。

と言うのはやはり根本的な解決策ではないような気がしてなりません。

ごくノーマルなボリュームペダルを入手してこれからじっくり検証してみたいと思います。

また「SoundStabilizer」「FirstStabilizer」「FinalStabilizer」3機種の

最も効果的な使い方や接続順なども検証済み次第公開していきたいと思います。

testtest.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR