fc2ブログ

プラグ形状

アンプの音がおかしくなったと持ち込まれたので色々チェックしていました。

ここでチェックすると全く問題が無いので使っている

エフェクターやケーブルをひとつづつ確認していきました。

どれも問題無さそうだったのですが、お使いのシールドを見てピンと来ました。

シールドのプラグとアンプの受け口であるジャックの相性が悪かったのです。

以前もハイゲインアンプで全くゲインが上がらない、

散々チェックした挙げ句シールドを交換したら何の問題も無く鳴った事があったからです。

お客様がお使いのシールドも決して安物でもなく高価な部類に入ると思います。

まさか新品のシールドのプラグと相性が悪いなんて思いもよらなかった事でしょう。

P1030153.jpg

左からオーディオテクニカ・スイッチクラフト・ノイトリック・カナレと並べてみました。

それぞれ先端の形状や長さが異なっているのが分かると思います。

厳密に言うと太さも違うんです。

滅多に無い事だとは思いますが、

同じようなトラブルがあった時はプラグ形状も確認してみて下さい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR