スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンデンサー

022.jpg

久しぶりに手に入った「Sprague BLACK BEAUTY」のオリジナル。

なかなか希望するドンピシャの値の物が入手し辛くなってきてます。

これでしか出せない質感と倍音は一度体感してしまうと病みつきなります。

このコンデンサーとアウトプットジャックを換えるだけで

どんなギターでも大体好みのサウンドになってしまうから不思議です。
スポンサーサイト

ファーストロット

first_4.jpg

新製品「FirstStabilizer」のファーストロットが出来上がりました。

製作にご協力いただいたミュージシャンやお客様からご注文いただいた分の出荷です。

テクニカルショップでは既にご注文を承ってますので

システムへの導入などのご相談あれば是非お問い合わせ下さい。

evaemis@power.email.ne.jp

PS-01

ps01.jpg

特注パワーサプライ「PS-01」です。

完全オーダーメイドなのでその都度出力数や出力電圧は異なります。

今回のオーダーはスタジオでのテストでお世話になったco shu nieのベーシストさんからです。

テストの際にPS-01に取り替えた時の劇的なサウンドの向上と

ノイズの少なさに驚いてその場でオーダーしていただけました。

現状必要な分とこれからの発展性を考えての口数や電圧になっています。

3Pインレットの電源ケーブルが使用出来るので

今後ここを取り替えれば更なる音質向上が望めます。

電源ケーブル1本で全てのエフェクターにその効果が波及出来るのもPS-01のメリットです。

RECも間近との事で間に合うよう製作させていただきました。

2Control GermaSound OverDrive

new_germa.jpg

コンパクトシリーズ新製品予定の「2Control GermaSound OverDrive」です。

トゥルーバイパス・LEVELとDRIVEのシンプルな2ノブオーバードライブです。

現在音決めの最終段階です。

トーンが無いのはギター側でコントロールする事を前提にしているからです。

ギター側のコントロール、これはEVAの歪み全てに共通している事です。

もう少しリハスタに常備してあるジャズコやマーシャルでチェックしたいと思っています。

ベースでも使えるのかって所も大事ですね。

ボリュームの追従性が良く音圧があるのでその良さを活かしつつトータルバランスを整えます。

新製品 「FirstStabilizer」

FS_1.jpg

新製品の「FirstStabilizer」です。

今までのバッファーの概念を覆す全く新しい発想から生まれた製品です。

従来のバッファーは微弱なHi-Zの信号をLo-Zに変換し、

長いケーブルやエフェクターを通過する際に発生するノイズや音ヤセを防ぐ物。

また良質なバッファーは空間系などのエフェクターのノリを良くする効果もあります。

しかしこの「FirstStabilizer」はHi-Zの信号をより強くよりリアルにHi-Zのまま送り出します。

アンプ直を遥かに凌ぐ音のレンジ、立体感、スピード感が体感出来ます。

では今まで「SoundStabilizer」や「FinalStabilizer」は無駄になるのか?全くそうではありません。

今まで組んで来たシステムに「FirstStabilizer」を追加するとさらに圧倒的な表現力が加味されました。

モジュレーション系のウネリ、空間系の拡がりと奥行きは今まで体感し得なかった領域です。

デジタルエフェクターの平面的なサウンドが立体的にまるでアナログエフェクターの様な質感に変貌します。

「Hi-Zの信号をより強くよりリアルにHi-Zのまま送り出す」この発想がサウンドを新しい次元へ押し上げてくれます。

長年に渡り「SoundStabilizer」や「FinalStabilizer」を製作してきたノウハウの集大成です。

詳しい諸元に関しては近日WEBサイトで公開させていただきます。

FS_3.jpg

写真は入力インピーダンスセレクトとLo-Z・Hi-Zに位相切り替えスイッチを増設したタイプです。

アクティブのギターやベースに対応したモデルです。

アクティブ楽器は出力がLo-Zでエフェクターに繋いだり、アンプ直でも既にインピーダンスのミスマッチが起こっています。

それを解消する事にも使えたのが当社の「Lo-Z to Hi-Z Converter FS-2」です。

アクティブ楽器に「FirstStabilizer」を使う事で先に書いた効果はもちろんの事、

パッシブに近いレンジと立体感が手に入ります。

Lo-Z側にはトリムを装備しパッシブとの音量差補正や過大入力時などにお使いいただけます。

電源インレット改造

inlet_1.jpg

SCHON氏所有「PEAVEY5150Ⅱ」を電源インレット改造しました。

結構鉄板が分厚く加工が大変だったようです。

真空管アンプは電源ケーブルでかなり音質が変化するので今後のチューニングが楽しみです。

inlet_2.jpg

スタジオテスト

saka_01.jpg

今日もスタジオでサウンドチェックしていました。4時間も。

スタジオ入りは今週だけで3回目です。

このテストでアンプの改造内容も固まったので実行に移します。

saka_02.jpg

現在持っておられる「FinalStabilizer」や「FinalTrimer」などは特注品です。

電源やその他までとことん拘って追求し音作りしているので出音は別次元です。

このお客様とのサウンドメイクはいつも本当に勉強させられます。

アンプチェック

amp_check.jpg

アンプモディファイとシステム製作のご相談で先行してアンプを送って来られました。

初めて弾きましたが素晴らしいアンプですねー。

何より素晴らしいのがどのチャンネルやモードを使っても位相が変わらない!

チャンネルごとに位相がコロコロ変わったりすると

システムのコントロールがそれだけで大変です。

このアンプに高性能エフェクトループ用のミキサー搭載、

マスターボリュームに代わるFinalTrimerの組み込みをご希望されています。

サウンドは文句無しなのでアンプのポテンシャルをいかに引き出し

原音を崩さずエフェクトをMIXさせて行けるかが課題です。

モディファイにあたっては色々困難もありますが、

完成が非常に楽しみでもあります。

First Stabilizer

First_Stabilizer.jpg

全く新しい発想から生まれた「First Stabilizer」です。

試作品が2種類出来上がり最終チェック段階です。

詳細は後日UPさせていただきます。
プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。