fc2ブログ

新製品「High Grade SoundStabilizerⅢ SSPH-HG2 30V Hi-Z」

IMG_1844.jpg

IMG_1845.jpg

IMG_1846.jpg

この製品は当社製品の「SSPH-HG2 30V」の出力をハイインピーダンス仕様にした製品です。

ここではバッファとは何かや、

ハイインピーダンスとローインピーダンスの違い、

バランス・アンバランスについての詳しい説明は割愛し、

「High Grade SoundStabilizerⅢ SSPH-HG2 30V Hi-Z」を

KEMPER(STAGEを除く)やFRACTAL AXE-FXⅢで使用し体感出来た効果を雑多に書き出します。

これらの機種は今まで音質改善するには本体を改造しスタビライザーと組み合わせ

ローインピーダンスでマッチングさせる方法しかありませんでした。

この方法がベストな方法であると言う考えは変えていませんが、

高価な機材を改造すると言う手段はメーカー保証やリセールを考えると

どうしても手が出せないと言う方も多くいらっしゃいました。

そこでせっかくのバランス入力を使わない手はないし

ハイインピーダンスでマッチングさせたらどうだろうかと思いついた次第です。

詳しく書くとキリが無いので説明は省きますが

当社製品のインピーダンスコンバーターやファイナルスタビライザーを使って

ハイインピーダンスマッチングさせるのとは出音が全く違い、ここに書き出す効果は出せません。

KEMPER

オルタナティブインプットはバランス入力です。

これを最大限活かしたいと思いました。

スタビライザーとオルタナティブインプットをTRSケーブルで接続します。

Eywgb1vVcAI4L2k.jpg


音を出した瞬間に効果が体感出来ます。

アタックが明らかに明瞭になり、KEMPER特有のコンプレッションによる音の平坦さが改善されます。

より実機に近いピッキングダイナミクスが得られます。この効果は音の立体感や音のコシに直結します。

特にクリーンとクランチサウンドでは初速の遅さなどの不満がかなり改善されたと感じました。

ハイゲインはあまり歪み過ぎているリグでは違いが分かりにくいかもしれませんが、

ザクザク刻むリフやソロなどアタックが明瞭になった効果で弾く楽しさが倍増するのではないかと思います。

いずれにせよKEMPERは無料リグだけでも数万存在します。

使えるリグとそうでないリグがはっきりしますので取捨選択がし易くなるのではないでしょうか。

また有償リグを色々試したけど中々しっくり来ないと言う方は是非導入してみて下さい。

KEMPERでスタビライザー有無の比較をした動画です。

音色で違いを聞き分けようとすると違いがわかり難いかもしれませんが、

太さやタッチ・グリッサンドなどのニュアンス部分で大きく違ってきます。

弾きて曰く「無いとニュアンスが出ないので弾けなくなる」との事でした。

後半部分は細切れにし違いを分かり易くしてみましたので是非最後までご覧下さい。


フリーで弾いてもらったギターキャビネットから出ている音です。

KEMPER特有のコンプレッションも無く弾き心地もサウンドもアンプそのものです。



FRACTAL AXE-FXⅢ

AXE-FXⅡ以降は背面インプットがバランス入力ですのでTRSケーブルを使ってスタビライザーと接続します。

まだ短時間で使ったインプレッションしかいただいてませんが、

繋いだ瞬間サウンドの生々しさが全然違う、

外して使うと明らかにタッチやニュアンスの再現度に物足りなさを感じたとの事でした。

プロセッサーが非常に優秀なので豊富な情報量を本体に送れば送るほど

サウンドに反映してくれるので効果が体感し易いと言えます。

普通に直列接続したエフェクターボード

SSPH-HG2は30Vで動作し圧倒的なヘッドルームを持ったヘッドアンプが内蔵されています。

ギターの微弱な信号を余す事無く吸収し次の機器に伝達します。

圧倒的な情報量がインピーダンスマッチングした状態で送り込まれる効果は予想以上でした。

驚く様な音の太さとタッチやニュアンスの再現度向上はもちろんボリュームやトーンの効きまで良くなります。

とかくバッファは音色が好みに合うか合わないかで判断しがちですが、

この効果はその判断に一石を投じるアイテムになるのではないかと思いました。


また色々検証が済み次第追記していくようにします。

KEMPERとFRACTALは比較音源も予定していますので順次公開して行きます。

商品に関するお問い合わせは下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp




スポンサーサイト



リニューアル「HIGH GRADE SOUND STABILIZER Ⅲ& IMP PHASE Control System」の続き

P1050048.jpg

「HIGH GRADE SOUND STABILIZER Ⅲ& IMP PHASE Control System」が、

何故リニューアル出来たかのお話。

きっかけは4月か5月に懇意にしている大阪のショップさんから来た特注品の依頼でした。

・ペダルプリアンプ「Micro PrreampⅡ on/off sw(MP-2S)」を2基搭載し切替可能とする

・バイパス時用のスタビライザーとしてハイグレードタイプを搭載する

・出力はアンバランスとバランス両方可能とする

・その他位相とインピーダンス切替、MUTE/TUNEROUT機能とプリアンプON/OFF機能

このスペック全てを満たそうとした時に最大の問題は電源部分です。

HIGH GRADE SOUND STABILIZER は独立した電源が必要だったので、

そのまま製作すればプリアンプ用とスタビライザー用と

2つのアダプターを使って動作させなくてはならなくなります。

その問題をクリアする為に新しい電源回路の設計から始まりました。

それと同時に外部から供給された電圧を内部で昇圧し安定させる。

難題をクリアして完成した特注品がこちら。
P1050006.jpg

感覚ピエロのベーシストである滝口大樹氏からのオーダーでした。

滝口氏とショップ間での綿密な打ち合わせにより生まれたアイデアですので、

当社はその課程に全く関与しておらずオーダーいただいたプランを形にしただけです。

膨大なノウハウを蓄積したショップとの絶大な信頼関係が無ければ

到底生み出せなかったであろう特注品でした。

今回のオーダーで色々な難題をぶつけてもらえたお陰で

「HIGH GRADE SOUND STABILIZER Ⅲ& IMP PHASE Control System」

がリニューアル出来たと言っても過言ではありません。


滝口氏はこの特注品プリアンプ以外にも普段から

ERP Type-3 TubePreamp
type31.gif

も、ご愛用いただいているとお聞きしております。

2つのプリアンプを駆使してどうようなベースサウンドを奏でているのか非常に興味があります。

機会があればライブ会場にも足を運んで体感してみたいです。



結構無茶振りには慣れておりますので「こんな製品が出来ないか?」

など構想がありましたら一度お問い合わせしてみて下さい。

evaemis@power.email.ne.jp

リニューアル「HIGH GRADE SOUND STABILIZER Ⅲ& IMP PHASE Control System」

P1050048.jpg

当社スタビライザーシリーズ最高峰である

「HIGH GRADE SOUND STABILIZER Ⅲ& IMP PHASE Control System」

がリニューアルしました。

以下変更点です。

①従来の電池内蔵型ケースの他、外部電源専用小型化タイプを追加

従来型ケースサイズ 83(W)×115(D)× 34(H)

小型化ケースサイズ 65(W)×116(D)× 32(H)

※突起物等含まず

②付属ケーブルにてアンバランス出力の他にXLRバランス出力も選択が可能

P1030888.jpg

③外部電源使用時に他の機器との併用が出来ませんでしたが、

新設計電源回路により併用が可能になりました。

アイソレーションされていないパワーサプライなども使用可能です。

④新設計電源回路により電池またはアダプターからの電圧を30Vに昇圧安定化し動作

※9V以下になると電圧が安定しないので電池の場合は2個使用、

ACアダプターの場合はセンターマイナスDC9V~18Vの物をご使用下さい。


価格はケースサイズを問わず39,000円税別と従来通りとさせていただいております。


試作品完成後ロングランテストしてみた所感を。

30V動作によるヘッドルーム拡大のメリットが非常に大きい、

特にハムバッカーの印象がかわりました。

今まで低音域が詰まっていたのかと思わせる開放感のある滑らかな低音。

ブーミーと言うか潰れた様に感じられていた

イヤな帯域はエフェクターやアンプのせいでは無く

9Vや18Vのヘッドールームでは受けきれていなかったのかと新たな発見。

この圧倒的なヘッドルームはベースでの使用においても最大限効果が発揮されるでしょう。


アンバランス・バランス出力が選択可能になりましたので、

PHC-VICと同様にXLRケーブルを介してオーディオインターフェイスに

直接ギターやベースの信号を送り込む事が可能に。

プラグインソフトを使った際のサウンドクオリティが飛躍的に向上します。

PHC-VICを使ってのデモサウンドはサウンドクラウドで視聴可能です。

https://soundcloud.com/evaemis

ライブなどでは簡易D・Iとしても使用可能です。


小型化したケースサイズはエフェクターボードへ組み込みの際はありがたいです。

外部電源使用時に他の機器と併用が可能になったので、

今までの様に単独のアダプターなどを用意する必要がありません。

もちろん電源の良し悪しはサウンドに直接影響を与えますので、

良質なACアダプターやパワーサプライの使用を強くお勧めします。


新たな30V動作のダイナミックレンジ領域を最大限活かすには

他のエフェクターを繋ぐ際ひと工夫試みた方が良さそうなので現在試行錯誤中です。

またブログにてご報告させていただきます。



製品に関するお問い合わせは下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp

新製品「Final Level Meter」

final meter

お客様からのご相談もあり以前から構想もあったので製品化した

「Final Level Meter」のご紹介です。

エフェクトボードで複数の歪みを使い分けているが、

聴感上だけの音量調整だけでなく視覚的にもレベル管理が出来たら。

と言うご要望から製作開始しました。

もちろんLEDがピカピカ光るだけではありません。

しっかりVUメーターとしての機能を備えております。

level.gif

ギター直レベルの弱い信号からエフェクター増幅後の信号まで対応出来るよう

「AJUST」ツマミでLEDの動きを調整出来ます。

基本的なスペックは以下の通りです。

希望小売価格:20,000円(税抜き)

コントロール:ADJUST

端子:IN , OUT

入出力インピーダンス:IN Lo-Z , OUT Lo-Z

電源:9V(006P) , EXT DC 9V to 18V

サイズ:65(W) ,116(D) , 32.4(H) 突起物は含まない寸法

入力はエフェクター通過後のLo-Z専用でパッシブギター直は不可です。

バイパス音に影響を与えないバッファーを内蔵しております。

P1040600.jpg

P1040599.jpg

視覚的にも鮮やかでエフェクターボードを彩るアクセントとしても

遊び心があって見ていて楽しいですよね。


ご予約やお問い合わせに関しては下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp

新製品「ROUTING MIXER」

P1040477.jpg

空間系専用のラックエフェクターや最近のマルチエフェクターでも

エフェクターのルーティングが出来る物が多いです。

ディレイとリバーブを単純に直列で並べて使うと

ディレイのリピート音に一回一回にリバーブが掛かってしまい、

ディレイ音が濁りリバーブ音のキレが失われます。

ルーティングとはそれらの弊害を防ぐ為に

機器内でディレイやリバーブを並列に並べる事が出来ます。

そうする事で互いの干渉を防ぎ空間系がより鮮明になります。

話はコンパクトエフェクターに移りますが、

STRYMON や EVENTIDE 等非常に高性能な空間系が増えて来ました。

せっかく買い揃えても基本的には直列でしか接続できません。

直列で接続すると先述した弊害が起こりせっかくの高性能が活かせません。

「ROUTING MIXER」はその問題を解消させるべく製品化されました。

インプットされた信号は内部で並列化され

A・Bのエフェクトを同時に掛ける事が可能になります。

並列でMIXされた信号を再び一本化し出力します。

バイパス音の音ヤセが気になったりキルドライ機能が付いたエフェクターの場合は

本体ミニスイッチを「DRY OFF」と逆にする事で原音がMIX出来ます。

この場合は DRY音50:WET音50 でMIXされます。

EVAではエフェクターにインピーダンスMODを施し

システムを構築する事が多いので「DRY OFF」スイッチが必要になるのです。

あえて原音をMIXしない事で空間系はより濃密になり

違和感無くより深く掛ける事が出来ます。


どちらにしても効果は抜群でテストに協力してくれたお客様もすぐに導入して頂けました。

P1040482.jpg

ディレイとリバーブのMIXだけでなくモジュレーション系や歪みエフェクターなどをMIXしたり

アイデア次第で使い方は広がりそうです。

ケースサイズは65(W) ,116(D) , 32.4(H)、電池は内蔵出来ません。

DC9V~18Vにて動作します。定価は20,000円(税別)を予定しております。

お問い合わせに関しては下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp
プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR