「FRACTAL AX8 インピーダンスMOD」

P1060218.jpg

FRACTL AX8 フロアタイプのモディファイご依頼は初めてでした。

P1060219.jpg

FX2になってからはマルチ特有のピッキングの暗さも解消されノーマルでの優秀さが光ります。

FX2をインピーダンスMODするにあたって着目したのはINPUT2のバランス入力です。

当社のスタビライザー(PHC-VIC・PHC-VIC 30V・SSPH-HG2)はバランス出力が可能です。

ハイインピーダンス値であるINPUT2をインピーダンスMODして

スタビライザーとバランス接続する事が可能となります。

しかしAX8にはINPUT2が無くIN1(INSTRUMENT)しかありません。

IN2(FX RTN)がバランス入力なので内部パラメーターで

IN2(FX LOOP)の位置をIN1の直後に並べ替え、

IN1(INSTRUMENT)を使わずスタビライザーからTRSケーブルで

IN2(FX RTN)に繫ぐ事でバランス接続する事にしました。

お預かりした当初はオーナー様の使用方法と同様の接続方法

AX8からアンプのリターンへ接続してサウンドチェックしましたが、

どうも音が馴染まない感じがして一体感が出ず

現場にあるアンプのリターンを使ってのサウンドメイクは難しそうだなと言う印象でした。

モディファイ箇所は計3ヵ所(IN1・IN2 L&R)です。

もちろんIN1を使って通常のアンバランス接続も可能です。

今回同時に購入していただいたスタビライザーは「SSPH-HG2 HighGradeSoundStabilizer」です。

2017年モデル一覧よりご参照下さい。

今まで18Vで使用したい時は外部電源で18Vアダプター等を用意する必要がありましたが、

PHC-VIC 30VとSSPH-HG2は外部電源が9Vでも

内部で30Vに昇圧安定する新設計の電源回路を持っています。

この30VスタビライザーとインピーダンスMODを施したAX8の相性は抜群でした。

直接プラグインした時に比べ音の密度と解像度が飛躍的に向上しました。

「少し良くなったかな?」「音が変わったかな?」とか微妙な変化ではありません。

この変化はご依頼品ご返送後のオーナー様からのメールで

「さっそくスタジオで音出ししましたが以前使っていたAX8が

まるで別物に感じるくらい音質がよくなっていて大変びっくりしました。」


そのスタビライザーとインピーダンスMODの相乗効果を充分にご体感いただけたようでした。

30Vスタビライザーはギターの微弱なパッシブ信号を根こそぎ引き出し、

高密度・高解像度のローインピーダンス信号に変換する非常に重要な役割を担っています。

この高密度・高解像度のローインピーダンス信号を余す事無くAX8に伝達するには

AX8のインプットをローインピーダンス専用にモディファイする必要がある訳です。

こちらでも色々テストさせていただきましたが

アンプのリターンに接続して鳴らした時の馴染みが悪く

一体感の無かったサウンドがかなり良くなりました。

もちろん繫ぐアンプとキャビネットのキャラクターの音は付き纏いますが、

アンプとの馴染みが良く一体感が出るため非常に音作りがし易くなりました。

この効果はフロアタイプであるAX8の優位性を更に高める事に貢献しています。

FRACTAL AXE FX2をインピーダンスMODを始めた頃は

30Vスタビライザーがありませんでしたので、

一世代前のFRACTAL AXE ULTRAを

インピーダンスMODした時のような劇的な変化は望めませんでした。

進化した30VスタビライザーとAXE FX2やAX8の組み合わせによる変化は

「劇的」と表現して差し支えないかと思います。


AX8をインピーダンスMODしIN2(FX RTN)を使ったバランス接続させた際の注意点があります。

・内蔵チューナーが使えなくなる

・アンプに繫いだ音とXLRアウトの音をミックスして使えなくなる

以上です。


この記事に関するお問い合わせやご相談は下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp
スポンサーサイト

アクティブギターの可能性。

EMGに代表されるアクティブタイプのピックアップ。

パッシブタイプの様な微弱なHi-Z信号ではなく、

プリアンプを内蔵しノイズに強いLo-Z信号でアウトプットされます。

そのサウンドやメリット・デメリットなどについては今更なので割愛します。

ただインピーダンスマッチングに関する研究を

続けてきて以前から気になっていた事がありました。

基本的にエフェクターもアンプもHi-Z受けで

アクティブのLo-Z信号はどこに繋いでもインピーダンスが合わない。

EVAでは現在エフェクターだけでなくアンプのINPUTに至るまで

Lo-Z受けに改造して完璧なインピーダンスマッチングを

実現したシステム構築をしています。

そんなインピーダンスマッチングをギターからアンプまで完璧にしたシステムで

アクティブギターを鳴らしたらどんなサウンドになるのかなと考えていました。

先日たまたまお客様がアクティブギターを持参されていたので、

早速その場でテストさせて頂くことにしました。

PGM製のEMG-Xを搭載したギターです。

P1040912.jpg

アンプは店頭デモのFenderVibroverb。

まずはノーマルのHi-Zインプットに繋いで鳴らしてみましたが、

やはり今までのイメージそのままのサウンドでした。

そのままだと逆相だったのでPHC-VICを繋いで位相を整え、

入力インピーダンスをLo-Z側に振り切りノーマルHi-Zインプットで鳴らしてみる。

P1040917.jpg

音が前に出て直の時より断然太くなりました、

普通はこれで充分満足なサウンドであろうという感じまで到達。

そして一番試したかったLo-Zインプットへの接続で試奏。

P1040863.jpg

お客様と一緒に「えぇーっ!マジで!?」って声が出る位の大きな変化!

アクティブピックアップの嫌なイメージが全て消えたかの様なナチュラルなサウンド。

独特のコンプ感、ツルツルとした質感(滑らかとも言える)、

インピーダンスアンマッチによるローカット、

などなどパッシブに慣れた自分にとって嫌だった質感が取り払われている。

しかもギターボリュームの追従性がオーディオボリュームの様に

ダイナミックレンジが確保されたままフルテンのドライブサウンドから

絞った時のクリーンサウンドまで見事に変化しコントロール出来る。

当たり前ですがノイズが全く無い、素晴らしい。

この大きな変化はPODやGT-100などをインピーダンスMODをした時に感じた、

所謂マルチエフェクターの嫌な成分が全て取り払われた感覚と同じでした。

インピーダンスが合わない事でEMGが

本来出したかったトーンそのものが歪められていたんですね。

EMGが良質なパッシブと変わらぬピュアなトーンを秘めていた事が実感出来ました。

最後にFirstStabilizer2wayを最初に繋いでPHC-VIC→アンプINPUTの接続でテスト。

FirstStabilizer2wayは入力でLo-ZかHi-Zの選択が出来ます。

P1040919.jpg

EMGのLo-Z信号をFirstStabilizer2wayでHi-Z信号に変換し

PHC-VICで好みの塩梅のポイントまでチューニングして

鳴らすと言うEVAでしか出来ない変則的な方法です。

(一旦Hi-Zに上げるためホワイトノイズレベルは若干上がります)

立ち上がりが更に鋭く、タッチやニュアンスに鋭敏に反応し、

ガラスの様な繊細な質感が増します、これはパッシブギターの時と同じ効果でした。

EMGでこの質感が出せるならスタックタイプのシングルコイルよりこっちの方が良い印象。

スタックタイプのシングルコイルはノイズこそ少ないがスタック特有のクセも強いですからね。


KEMPER検証会以来の久しぶりにテンションが上がったテストでした。

テストが終わってから「あぁー動画に撮っておけば良かった」と後悔したので

日を改めてもう一度テストし動画に収めて公開したいと思っています。


ご紹介したモディファイのご相談やお問い合わせは下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp

アンプインプットのインピーダンスMOD

9月の記事で紹介したJVM410HアンプインプットのインピーダンスMOD

それに続き「PEAVEY ROCKMASTER」プリアンプと

P1040656.jpg

「T.C.electronic G-SYSTEM」を組み合わせ

P1040655.jpg

4ケーブルメソッドのシステムを組むためにインピーダンスMODさせていただきました。

ROCKMASTERはラックに組み込んで配線し易いよう

背面の使わない端子をLo-Z専用入力として改造させていただきました。

P1040662.jpg

フロントパネルのノーマル入力はそのまま使えるので

Hi-Z・Lo-Z両方のインプットを使い分けする事も可能です。

改造後のテストで実際に4ケーブルメソッドで配線し音を出してみた所、

音にダイレクト感があってすごく自然な弾き心地。

G-SYSTEMと組み合わせ4ケーブルメソッドで

10数メートルもシールドを引き回しているとは思えない。

やはりこれはどう考えても「アリ」だ。理にかなっている。

そこで更に追求していくべく店頭のアンプ2台共インプットをインピーダンスMOD。

P1040681.jpg
FENDER VIBROVERB

P1040683.jpg
PEAVEY 5150Ⅱ

2台共ノーマルインプットと比較出来るようにしてあります。

まずVIBROVERBで弾いた印象、ギターとアンプの間にはPHC-VICのみ。

ROCKMASTERで感じた印象そのまま、

ギターとアンプが直結されているかのようなダイレクト感。

ノーマルインプットに繋ぎ変えてギターを直で入れて弾いてみる。

う~ん・・・か細い。音に剛性感が無くピッキングをした瞬間の力が四散しているかのよう。

次はLo-Zインプットに繋ぎ変えPHC-VICとアンプの間に

インピーダンスMODを施したMarshall Guv'norを入れて試奏。

P1040555.jpg

ストラトのリアでも断然太いガツンとした骨太のドライブが得られる。

再びノーマルインプットに繋ぎ変えて弾いてみるものの

一番美味しいミドルの辺りがやはり四散して纏まりがないように聞こえる。

インピーダンスが合わない事でローがカットされるだけで無く

音のフォーカスがボヤけてしまうんだと言う事が分かりました。


次に5150ⅡとG-SYSTEMでの4ケーブルメソッドでの検証。

まずノイズが劇的に減った事、これだけでもやった甲斐があったと感じました。

クリーンチャンネルはよりクリーン度が増した上にガツンと太く変化、

クランチチャンネルとリードチャンネルはノイズレベルが下がった事で

空間系の余韻がより美しい響きになっており機材のグレードを上げたかのよう。

ボリュームの追従性も良くなっている。

インピーダンスMODを始めた頃の記事でインピーダンスが合わない事で

僅かに音が歪んで聞こえると書いたと思うのですが、

インピーダンスマッチングを完璧にする事で

エフェクターやアンプで作る以外の余分な歪みを除去出来ます。

語弊があるかもしれませんが

「非常にクリーンなドライブサウンド」

を作り出す事が可能になります。

ハイゲインにしても耳障りな成分の歪みが無い上に

骨太さが追従してくるのでツブれないし破綻しません。


非常にシンプルなVIBROVERBでのテストと

5150ⅡとG-SYSTEMを組み合わせた

4ケーブルメソッドでのテストを終えて感じたのは

一旦信号をLo-Zに変換した後はLo-Zで受けLo-Zで出す、

全てのインピーダンスマッチングを図る事でシンプルなシステムであろうが

大規模なシステムであろうがピッキングのダイレクト感やタッチ・ニュアンスを

全く損なう事なくシステムが構築可能だと言う事でした。


最近GT-100などのマルチとアンプを絡めた4ケーブルメソッドの相談が多いのですが、

常にマイアンプを使う前提なら迷わずアンプもインピーダンスMODするべきでしょう。

他のエフェクターを使わないならマルチとアンプに手を入れて

スタビライザーと組み合わせるだけで完璧な

インピーダンスマッチングのシステムが構築出来ます。

この記事で書いたようなサウンドがいとも簡単に再現出来てしまいます。



ROCKMASTERとG-SYSTEMのモディファイをご依頼いただいた

PON HALEN様のブログもぜひご一読下さい。

http://blog.ponhalen.com/

GT-100を使った4ケーブルメソッドなどのレポートも充実しています。


ご紹介したモディファイのご相談やお問い合わせは下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp

KEMPER インピーダンスMOD

P1040606.jpg

リアンプだけでなくライブでも使うプレイヤーが多いKEMPER。

ご依頼前にスタジオで初めて音出しさせていただいて開口一番

「これはインピーダンスMODしたら絶対良くなりますよ。」

この機種もデジタルシュミレーター特有のピッキングの暗さがあったからです。

ハイゲインアンプ系の音は結構ごまかしが効くのですが、

ブティック系アンプなどのクリーン・クランチの初速の遅さを感じました。

お預かりさせていただいて各部入出力のインピーダンスを調べました。

INPUTは1MΩでHi-Zなのは分かっていましたが、

背面のRETURN INPUT部分もほぼ1MΩのHi-Zでした。
(ALTARATIVE INPUTも同様)

このRETURN INPUT部分とマイク入力部の値も同様でした。

マイク入力部分がHi-Z?Hi-Z出力のマイクなんてあるのでしょうか?

プロファイリング時の接続で各入出力インピーダンスを整理すると

DIRECT OUTPUT(Lo-Z)→AMP INPUT(Hi-Z)

録音用マイク(Lo-Z)→KEMPER RETURN INPUT(マイク入力Hi-Z)

この2ヶ所でローカットされた状態でプロファイリングされている事になります。

なるほどインピーダンスMODを終えて改めて内蔵プリセットを弾くと

過剰に低音を上げて録られているプリセットが多い事が分かりました。

使えるプリセットと使えないプリセットがより明確になったと思います。

KEMPERのインピーダンスMODでは3ヶ所モディファイします。

フロントパネルの「INPUT」リアパネルの「RETURN INPUT」「ALTERNATIVE INPUT」です。
(マイク入力部分も含む)

フロントパネルのINPUTのLo-Z化とスタビライザーとの併用で

KEMPER初段ヘッドアンプの能力を100%引き出せます。

P1040613.jpg

ピッキング時の初速の遅さやタッチ・ニュアンスが劇的に向上します。

リアパネルの「RETURN INPUT」「ALTERNATIVE INPUT」のLo-Z化で

プロファイリング時のサウンドはよりキャビネットから出ている音に近づき

極端なEQ処理もする事なくフラットな状態で出来る様になるでしょう。

最後にインピーダンスの合っていない部分

DIRECT OUT(Lo-Z)→AMP INPUT(Hi-Z)

この間は当社の「Lo-Z to Hi-Z CONVERTER」か

FINAL STABILIZER」を使用していただければ完璧です。

P1040619.jpg

インピーダンスMODを施してスタビライザーと組み合わせて

音を出すだけでテンションが上がります。

KEMPERをパワーアンプに繋いで

キャビネットから出る音はアンプの音そのものです。

FLACTALはモデリングの最高峰なんだと再認識出来ました。

プロファイリングとモデリングでは質感が全然違いますね。

どちらが良いとかの話ではなく用途の問題です。

大変勉強になりました。

実際にプロファイリングした時のサウンドの変化については

ご依頼いただいたスタジオにお邪魔して取材してきたいと思います。


ご紹介したモディファイのご相談やお問い合わせは下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp

もう1ヶ所、新たなインピーダンスMOD 「JVM410H と G-FORCE」

今回お預かりさせていただいたのは表題の2機種です。

P1040634.jpg

Marshall JVM410HのSEND・RETURNのインピーダンスMODと

T.C.electronic G-FORCEのINPUT部分のインピーダンスMODのご依頼です。

G-FORCEはロングセラーを続けるラックタイプ空間系です。

P1040635.jpg

何故かINPUTのインピーダンスがHi-Z1MΩ、何故なんでしょう?ギター直の入力を考えて?

これではSEND・RETURNに直接入れるのはもちろんの事、

パラレルミキサーなどを使って並列接続したとしても音ヤセが付き纏います。

P1040645.jpg

インピーダンスMODによりG-FORCE本来のポテンシャルが

発揮出来たといっても過言では無い仕上がりになりました。

ちなみにG-MAJORは入力インピーダンスはLo-Zです。

さてマーシャルについて

JVM410Hには2系統のSEND・RETURNがあります。

P1040647.jpg

DRYからWETを無段階で調節できるパラレルミキサーを備えたループ。

プリアンプとパワーアンプの間にあるシリアルループです。

ほとんどがミキサーが備わったループをお使いになると思います。

ここの値はSENDもRETURNもLo-Zです、インピーダンスMODの必要はありません。

シリアルループの方もほぼLo-Zですので接続する機器によってはそのままで大丈夫でしょう。

インピーダンスMODを施したG-FORCEを繋げるなら

シリアルループの方が断然音質的に良かったです。

お世辞にも良いとは言えないミキサーを搭載したループでは

ミキサーの回路が抵抗になっているのか若干線が細くなり幕がある様に聞こえます。

但しシリアルループはコンパクトエフェクターではレベルが合わず使えないでしょう。

IN・OUTのレベルがコントロール出来るG-FORCEだからマッチング出来ます。


もう1ヶ所、新たなインピーダンスMODと題しましたがその新たな1ヶ所とは。

「アンプのINPUT」です。

オーナー様から事前の相談でアンプの手前にはお気に入りのバッファしか使わないので

INPUTもインピーダンスMODしてほしいとのお話がありました。

実は以前から考えてはいた事だったのですが、

「ギターを直に挿せないアンプって需要あるかな?」

との疑問が自分なりにあったので躊躇していました。

でも今までの実績を考えると効果が出ない訳がないのでふたつ返事で

「出来ます。」とお答えしました。

P1040639.jpg

モディファイ後のサウンドチェックでは予想以上の結果に驚きました。

どんな良いエフェクターを使っても直で繋いでも絶対得られない太さが出るアンプに変貌しました。

ノーマルのクリーンチャンネルは立ち上がりを重視し過ぎた太さの無い印象。

これが立ち上がりの鋭さはそのままに温かみのある太さが加わりました。

この出音一発でアンプINPUTのインピーダンスMODの効果に確信が持てました。

ノーマルのCRUNCHとODチャンネルもそれなりに音は作れるのですが

どのチャンネルも平均点を狙った感じがして

このアンプでなくては出せないサウンドって印象は薄いのが正直な所でした。

モディファイ後はストラトのシングルでも充分な

ハイゲインサウンドが得られるほど太くジューシーな歪みが出るアンプに。

OD2チャンネルは歪み過ぎてすぐハウるので要らないかな(笑)


いずれにせよ素晴らしい結果が得られたので店頭にある

アンプもモディファイしてみて試奏出来る様考えます。

アンプによってはノーマルINPUTを残しつつLo-Z専用INPUTを増設したりも出来そうなので、

ノーマルとモディファイ後の違いを体感出来るようにもしたいです。

久しぶりに衝撃的な結果だったのでこの1週間は色々な可能性を考える事が出来ました。

ベースアンプなんかも劇的効果を得られるのは間違いないでしょう。

また新たなアンプのINPUTをモディファイした際は随時ブログで紹介します。


ご紹介したモディファイのご相談やお問い合わせは下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp
プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR