fc2ブログ

アンプチャンネルの異なる位相を揃える改造

IMG_2386.jpg

FENDER HOTROD DELUXE 人気のミドルクラス真空管アンプです。

モディファイ依頼を受けたこのアンプに新たな試みの改造を取り入れました。
IMG_2384.jpg

このアンプには「NORMAL」「DRIVE」と2チャンネル装備しフットスイッチで切替が可能です。

問題は「NORMAL」と「DRIVE」チャンネルの位相が異なる事です。

この問題はほぼ全てのマルチチャンネルアンプが抱える現象でこのアンプに限った話ではありません。

このアンプは「NORMAL」チャンネルが「逆相」で「DRIVE」チャンネルが「正相」です。
IMG_12384.jpg

多くのフェンダーシングルコイルギターの位相は「正相」ですのでこのアンプと組み合わせた場合

フェンダーストラト(正相)→NORMALチャンネル(逆相)=出音(逆相

フェンダーストラト(正相)→DRIVEチャンネル(正相)=出音(正相

ギブソンレスポールに代表されるハムバッカーギターは「逆相」なので出音の結果は逆になります。

ギブソンレスポール(逆相)→NORMALチャンネル(逆相)=出音(正相逆の逆は正相になります

ギブソンレスポール(逆相)→DRIVEチャンネル(正相)=出音(逆相

この出音の位相問題もどちらかのチャンネルしか使わないなら当社のスタビライザーの様に、

位相を切り替える事が出来るアイテムがあれば解決します。

しかしフットスイッチでチャンネルを使い分けるとなると大変です。

演奏中に位相スイッチを切り替える事は現実的ではありません。

今まではラッチ信号で位相を切り替える事の出来るスタビライザーで対処していました。

SSPH-HG2 30V EXT-CONTROL
ssph-hg2ext.png

この方法だとラッチ信号をコントロールするスイッチングシステムが別途必要になります。

複数のラッチ信号でアンプチャンネルと位相を同時に制御出来る様にもなります。

多数エフェクターを並べるプレーヤーならそれでいいかもしれませんが、

ギターとオーバードライブとアンプみたいなシンプルなシステムに

わざわざスイッチングシステム導入は面倒でボードも巨大化してしまいます。

前置きが長くなりましたがチャンネルを切り替えても位相が変わらない様にする改造を施したのです。

アンプの音質や質感を変えずに位相を揃える新回路が実用化出来ました。

これはアンプ基盤に直接組み込む回路ですのでアンプそのものをお預りし改造する必要があります。

今回のHOTRODは「DRIVE」チャンネルに回路を組み込み「NORMAL」「DRIVE」共に逆相で揃えました。

よく勘違いされるんですがギター・エフェクター・アンプなどの個別の位相は正相でも逆相でもいいんです。

色々組み合わせてキャビから出ている音が「逆相」だと他の楽器と混ざった時に色々問題が発生します。

バンドで音作りする前にまず位相を合わせる所からスタートしてみましょう。

少なくともバンド内で自分の楽器の音ヌケに困る事は無くなります。

以前バンドをやっていた時に位相の事を知りマイアンプ(5150Ⅱ)を調べたところ

クリーン・クランチチャンネルが正相でリードチャンネルが逆相が判明し

当時演奏中にアンプチャンネル位相を制御する方法がなかったので

マイアンプを持ち込む事をやめていた時期がありました。

わざわざ苦労して重いアンプをライブハウスに持ち込んで逆相で演奏するバカバカしさに気付いたからです。

それからアンプ専用位相コントロールフットスイッチを製作から始まり、

ラッチで位相コントロールするようになり随分出音の位相コントロールは楽になりました。

十数年経ちようやく「音質」「質感」を変えずに位相を揃えるアンプ改造まで辿り着きました。

これで最小システム、ギターとアンプだけでも常に正相でプレイ出来る環境を整える事が出来ました。

アンプ同位相改造は1チャンネルあたり20,000円~です。

例えば5150Ⅱの様にクリーン・クランチが同じチャンネルなら改造は1チャンネルの費用で済みます。

クリーン・クランチ・リード等切り替える事に出来るアンプで位相が変わらないアンプはほとんどありません。

今まで調べた限りほんの数台だけです。

せっかくならストレスフリーでアンプの能力を全て発揮出来る様にしてあげては如何でしょうか。

このブログに関するお問い合わせは下記メールアドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp

スポンサーサイト



何故4ケーブルメソッドがうまく行かないのか

4ケーブルメソッド

ギターとマルチエフェクターとアンプを4本のシールドで繋ぐ事から来た語源だそうです。

タイトルの「うまく行かない」は音が出ないなどのトラブルの意味ではありません。

「出来る事が多く一見理想のシステムに思えるが肝心の音が理想と程遠い」です。

では何故そう言う現象が起こるのか?

ほぼ全てのエフェクターとアンプの入力はパッシブギターのハイインピーダンス信号を

受けるためにハイインピーダンス入力で設計製作されているからです。

※アンプやマルチエフェクターのリターンも含む

エフェクターを通過するとハイインピーダンス信号がローインピーダンスに変換されます。

(以下ハイインピーダンスをHi-Z、ローインピーダンスをLo-Zと表記します)

その変換されたLo-Z出力が次の受け口(エフェクターまたはアンプ)であるHi-Z入力に入る。

この時点でギタリストとベーシストを永遠に悩ませる「音ヤセ」が起こります。

アナログエフェクターの場合は「音ヤセ」だけで済みますが、

マルチエフェクター等デジタルエフェクターは楽器信号がA/D→D/A変換されるので音質変化も著しい。

(A/Dアナログ→デジタル変換・D/Aデジタル→アナログ変換)

では普通にマルチエフェクターとアンプを組み合わせた4ケーブルメソッドの信号の流れをご覧下さい。

何もしない状態

インピーダンスが合っているのはギターとエフェクターインプットのみです。

Lo-Z信号の出力は水道管、入力口であるリターンはHi-Z受け土管サイズで表しました。

Lo-Z信号を水道管で強く押し出しても受け口が土管なのでいくら押し出しても信号がダダ漏れです。

例える為にGT-1000を上げていますがKEMPERやFRACTALその他マルチでも同じです。

これではまともに鳴るはずがありません。

EVA電子ではこの根本的な問題点を解決する為に2014年からインピーダンスMODを開始しました。

Lo-Z信号を受ける入力口全てをHi-Z受けからLo-Z受けに改造する事を呼称しています。

更にマルチエフェクターの性能をもっと引き出す為に

スタビライザーとの組み合わせを推奨し現在までに数多くモディファイを行ってきました。

スタビライザーが非常に繊細で微弱なHi-Z信号を凝縮し

耐ノイズ性に優れた強力なLo-Z信号に変換しエフェクターへ送り込みます。

スタビライザーと組み合わせ各所インピーダンスマッチングした理想の信号の流れが以下の通りです。

完璧マッチング

ギターシグナルがどの箇所でも劣化する事なくアンプからアウトプットする事が出来ます。

ここまで機材をセットアップする事が出来ればその出音に驚かれる事は間違いないです。

「エフェクターのモディファイだけじゃダメなのか?」

FXだけMOD

音ヤセが最も顕著に感じられる箇所はアンプのインプットとリターンです。

エフェクターだけモディファイしてもAMP SEND→FX RETURNの1か所しかマッチングしません。

もちろんやらないよりはやった方がいいのですが効果の体感度はかなり落ちますし、

それなら4ケーブルメソッドを諦めてマルチの出力を卓へ送った方がよほど効果的です。

またアンプエフェクトループを使うと音ヤセが酷いのでエフェクターを

インピーダンスMODしてほしいと言う相談も非常に多いのですが、

結局アンプに手を入れない限り根本解決はしません。

ミキサーを入れて並列にするとか。

結局ミキサーのINPUTもRETURNもHi-Z入力なので余計に音ヤセの箇所が増えるだけです。

イコライザーを入れて音質を補正するとか。

無くなってしまった信号はEQでいくら上げても復活しません。

そんな事で解決するならアンプEQやマルチエフェクター内蔵EQでなんとかなってるはずです。

結局エフェクターとアンプに手を入れてスタビライザーと組み合わせる方法が一番安上がりです。

マルチエフェクターインピーダンスMOD費用 15,000円~20,000円

アンプ INPUT&RETURNインピーダンスMOD費用 25,000円~35,000円
※アンプによってこの価格帯で出来ない場合もありますのであくまで目安として下さい

スタビライザー購入費用 25,000円~35,000円

だいたい65,000円~90,000円ほどの予算です。

同時に出音の位相も合わせる事が出来て全くストレスの無いシステムの完成です。

ここで初めて「音作り」と「練習」に集中する事が出来ます。

新製品「High Grade SoundStabilizerⅢ SSPH-HG2 30V Hi-Z」

IMG_1844.jpg

IMG_1845.jpg

IMG_1846.jpg

この製品は当社製品の「SSPH-HG2 30V」の出力をハイインピーダンス仕様にした製品です。

ここではバッファとは何かや、

ハイインピーダンスとローインピーダンスの違い、

バランス・アンバランスについての詳しい説明は割愛し、

「High Grade SoundStabilizerⅢ SSPH-HG2 30V Hi-Z」を

KEMPER(STAGEを除く)やFRACTAL AXE-FXⅢで使用し体感出来た効果を雑多に書き出します。

これらの機種は今まで音質改善するには本体を改造しスタビライザーと組み合わせ

ローインピーダンスでマッチングさせる方法しかありませんでした。

この方法がベストな方法であると言う考えは変えていませんが、

高価な機材を改造すると言う手段はメーカー保証やリセールを考えると

どうしても手が出せないと言う方も多くいらっしゃいました。

そこでせっかくのバランス入力を使わない手はないし

ハイインピーダンスでマッチングさせたらどうだろうかと思いついた次第です。

詳しく書くとキリが無いので説明は省きますが

当社製品のインピーダンスコンバーターやファイナルスタビライザーを使って

ハイインピーダンスマッチングさせるのとは出音が全く違い、ここに書き出す効果は出せません。

KEMPER

オルタナティブインプットはバランス入力です。

これを最大限活かしたいと思いました。

スタビライザーとオルタナティブインプットをTRSケーブルで接続します。

Eywgb1vVcAI4L2k.jpg


音を出した瞬間に効果が体感出来ます。

アタックが明らかに明瞭になり、KEMPER特有のコンプレッションによる音の平坦さが改善されます。

より実機に近いピッキングダイナミクスが得られます。この効果は音の立体感や音のコシに直結します。

特にクリーンとクランチサウンドでは初速の遅さなどの不満がかなり改善されたと感じました。

ハイゲインはあまり歪み過ぎているリグでは違いが分かりにくいかもしれませんが、

ザクザク刻むリフやソロなどアタックが明瞭になった効果で弾く楽しさが倍増するのではないかと思います。

いずれにせよKEMPERは無料リグだけでも数万存在します。

使えるリグとそうでないリグがはっきりしますので取捨選択がし易くなるのではないでしょうか。

また有償リグを色々試したけど中々しっくり来ないと言う方は是非導入してみて下さい。

KEMPERでスタビライザー有無の比較をした動画です。

音色で違いを聞き分けようとすると違いがわかり難いかもしれませんが、

太さやタッチ・グリッサンドなどのニュアンス部分で大きく違ってきます。

弾きて曰く「無いとニュアンスが出ないので弾けなくなる」との事でした。

後半部分は細切れにし違いを分かり易くしてみましたので是非最後までご覧下さい。


フリーで弾いてもらったギターキャビネットから出ている音です。

KEMPER特有のコンプレッションも無く弾き心地もサウンドもアンプそのものです。



FRACTAL AXE-FXⅢ

AXE-FXⅡ以降は背面インプットがバランス入力ですのでTRSケーブルを使ってスタビライザーと接続します。

まだ短時間で使ったインプレッションしかいただいてませんが、

繋いだ瞬間サウンドの生々しさが全然違う、

外して使うと明らかにタッチやニュアンスの再現度に物足りなさを感じたとの事でした。

プロセッサーが非常に優秀なので豊富な情報量を本体に送れば送るほど

サウンドに反映してくれるので効果が体感し易いと言えます。

普通に直列接続したエフェクターボード

SSPH-HG2は30Vで動作し圧倒的なヘッドルームを持ったヘッドアンプが内蔵されています。

ギターの微弱な信号を余す事無く吸収し次の機器に伝達します。

圧倒的な情報量がインピーダンスマッチングした状態で送り込まれる効果は予想以上でした。

驚く様な音の太さとタッチやニュアンスの再現度向上はもちろんボリュームやトーンの効きまで良くなります。

とかくバッファは音色が好みに合うか合わないかで判断しがちですが、

この効果はその判断に一石を投じるアイテムになるのではないかと思いました。


また色々検証が済み次第追記していくようにします。

KEMPERとFRACTALは比較音源も予定していますので順次公開して行きます。

商品に関するお問い合わせは下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp




「アンプ改造のご紹介 その⑧」

Suhr Bella
bella_front.jpg

「サウンドシステムとチューブアンプのベストマッチを追求して導き出されたペアリングコンセプト、

システムポテンシャルを全開まで引き出すプラットフォーム型アンプ Bella」

なるほど、持ち込まれて最初に音を出した感想が「素直なアンプ」でした。

音にクセや偏った帯域も無くコンセプト通りのサウンド。

この素直さを残しつつ音を立体的に操れるよう手を入れました。

スピーカーを純正からELECTRO VOICE EVM-12Sへ交換もご希望でした。

コントロールはVOLUME/TREBLE/BASS/PRESENCEのみと至ってシンプル。

改造メニューは以下の通り。

・インピーダンスMOD 製品コンセプトからしてアン直はしない、
割り切ってINPUTはローインピーダンス専用に。
RETURN入力のインピーダンスもエフェクターにマッチングするよう見直しました。

・EQシフトとMIDDLE追加
EQの突いている周波数をより音楽的な効きへと変更、
MIDDLEは特定の周波数をブーストするのではなく上げていくと美味しい中域が前へ出る感じに。
各EQの効きはキビキビと働くように変化しており素早く狙ったサウンドに追い込めます。

・SHIFTコントロール追加
EQでセッティングした音色はそのままに音の重心を上下出来るコントロール。
ローエンドがしっかり再生されるEVM-12S搭載を見越してのご提案でした。

KANTER搭載
正相信号のみをブースト出来る特殊なブースターです。
ブースト量は僅かMAX3dbですがツマミ10時程度の位置、
ブースト量で言うとj若干1db程度でも驚きの効果が得られます。
音が立体的に変化しスピーカーの口径が大きくなって行く様な感覚は唯一無二の効果です。

IMG_1694.jpg

仕上げはキャビネット強化。

スピーカー最大の敵は振動です。

キャビネットが見た目にガタガタ動く訳ではありませんが、

音量が上がるにつれスピーカーが起こす微振動はキャビネットに伝わり

低音を奪い中域を濁らせ高域に歪みを発生させます。

キャビネットの徹底的に排除し振動するのはスピーカーコーンの前後ストロークのみ。

クリーンはよりクリーンに、

ドライブサウンドは余分なスピーカーディストーションを排除したピュアなドライブサウンドへ変化します。

大きな音にした時に耳障りな帯域が生まれるのは余分な振動が原因のひとつです。
IMG_1692.jpg
スピーカーケーブルをORBへ交換
IMG_1687.jpg

IMG_1690.jpg

完成後の音出しでもコンセプト通り基本のキャラクターは変えず、

音の出方が自在にコントロール出来る様になり

スケールの大きい奥行のあるサウンドへと変貌しました。

お引渡ししてから時間は経っていますが仕上がりにはご満足いただけいるようです。

Suhrのアンプは基本設計がしっかりしていて造りも良いので手の入れ甲斐があります。

昔OD-100にインピーダンスMODだけやった事がありましたが

今ならもっとブラッシュアップして新たなサウンドが構築出来るでしょうね。

良いアンプはそれだけ音色以外の伸びしろが大きいのだと思います。


この記事に関するお問い合わせやご相談は下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp

「アンプ改造のご紹介 その⑦」

アンプ改造ネタがたまって来たのでまたボチボチご紹介させていただきます。

以前にも紹介させていただいた「FENDER BASSMAN REISSUE」
P1050221.jpg

調子が悪いので診てほしいとご連絡があり送られてきました。

別途ご相談で以前ブログに掲載していた動画のような音にならないかと言う内容でした。

2017年11月に投稿したブログにアップした動画でした。


投稿した本人も忘れていた動画でしたが二つ返事で「出来ます」とお答えしました。

BASSMAN REISSUEが64’VIBROVERB CUSTOMの様な音に?

と思われるかもしれませんがEVAで改造したフェンダーアンプなら可能です。

音色をイジッてどうこうより音の出方をとことん追い込み磨き上げる方法です。

アンプ本体は足掛け4年掛けてにインピーダンスMOD・EQシフト・ポイントトゥポイント・

リバーブ搭載・チャンネルリンク改造・整流管追加・マスターボリューム追加、

充分手を入れ尽くしてあります。

お預りし久しぶりに音を出して感じたのはボリュームを上げて行くと12時を越えたあたりから

スピーカーが限界に達してしまいEQをどうイジっても音の変化がつかなくなり歪みはファズっぽくなってしまう。

アルニコジェンセン4発もイナタさがあり決して悪いスピーカーではないのですが、

モディファイしたアンプのポテンシャルを全て出し切る前にスピーカーが音を上げる状態でした。

動画の様な音にするにはELECTRO VOICE EVM-15Lが不可欠ですので、

こちらからのご提案としてへEVM-15L載せ替えとキャビネットの強化です。

BASSMANにEVM-15Lを搭載するにはいくつかハードルがあります。

・スピーカー取り付け面のバッフル板をEVM-15L用に新たに製作しなくてはならない。

・出力トランスが2Ωなので8Ωへの交換が必要。

バッフル板製作はキャビネット内側を見た限り大きな障害は無さそうでした。
IMG_1724 (1)
バッフル板製作を合わせてキャビネットそのものを強化する改造も行いました。

EVM-15Lをフルに鳴らし切るにはただ載せ替えればOKではありません。

フェンダーのキャビネット構造ってスピーカーを手で持って鳴らしてるのと変わらない様な脆弱な構造です。

EVM-15Lをただ載せるだけでは音量を上げると共にキャビネットが振動してしまい

低域が奪われ中域が濁り高域が歪んでしまい動画の様なクリーンサウンドにはなりません。

キャビネットが振動しないよう徹底的に振動を排除する特殊な加工をキャビネット内に施しました。
IMG_1742.jpg
キャビネットと言うのはクルマに例えるとボディとサスペンションだと思います。

ヤワなボディとフニャフニャのサスペンションではいくら良いタイヤを履かせても思い通りには動いてくれません。

高剛性のボディと走りを受け止めるしっかりしたサスペンションがあってこそ良いタイヤの性能が発揮できるというものです。

次に出力トランスの交換です。

出力50W8Ωというスペックのトランスはフェンダー純正では見当たらず困っていた所、

日本のアテネ電機様で製作しているのをネットで見つける事が出来ました。
IMG_1739.jpg
(右の黒いトランスが純正です、幅や奥行が一回り大きくなっています)

BASSMAN用ではないのでネジ穴などは当然合わず取り付けには加工を必要とします。

なにせEVM-15Lを載せたキャビネットとトランス交換したアンプヘッドは

最後に組み合わせるのでトランスがキャビネットやスピーカーフレームに

当たらないかドキドキでしたが無事取り付け完了出来ました。
IMG_1750.jpg
ギリギリセーフでした!
IMG_1748.jpg

IMG_1753.jpg
正面から見たら全く違和感無し!
IMG_1752.jpg
キャビネット強化したアンプにはORBスピーカーケーブルへ必ず交換。
IMG_1751.jpg
スピーカー交換も伴っていたのでトランス交換の効果がどこまで体感出来るか少し不安でしたが、

音が落ち着き大音量でも破綻せず倍音が整っていて耳に非常に心地よいアンプサウンドとなり、

出音の速さや圧も確実に増してテストの音出し段階で

オーナー様には絶対ご満足いただけると確信出来る音でした。

無事お引渡しも完了し後日スタジオで鳴らしてみた感想を送っていただけました。

●バンド形態
ギター、ベース、ドラムのスリーピース

●アンプのセッティング
トレブル10 ミドル6 ベース2 プレゼンス12 ノーマルvol10 ブライトvol8 マスターvol2

●ギターの操作
ボリューム デフォルト8 ブースト10 トーン変化なし10

音圧とスピード感とレスポンスが大幅に良くなっていて、しばらくはコントロールに戸惑いましたが
慣れてくると思い通りにニュアンスが出せるようになって非常に刺激的でした。

音のキラキラ感とハリとコシに素晴らしいものがありました。巻弦もプレーン弦も
それぞれの特徴が解像度高く再現されているのがよく分かりました。
ロスなく素直にいい音が出るアンプに仕上がっていて、言うこと無しです。

マスターボリューム増設から始まり、数々の素晴らしい施工をありがとうございました。
一生モノのアンプとしてこれから付き合っていこうと思います。


やり取りの当初はアンプ買い替えの良い候補はないかと聞かれましたが、

絶対動画の様な音になるからアンプはこのままで行きましょうとのやり取りもありました。

アンプを買い替えてしまうとまた全てイチからやり直しです。

吊るしの状態で求められている様なサウンドが出るアンプも心当たりがありませんでしたし、

最終的には一番良い結果を迎える事が出来たと思います。


この記事に関するお問い合わせやご相談は下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp
プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR