FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEMPER プロファイリング

最近KEMPERインピーダンスMODのご依頼が続きました。

ひとつはいつもEVA製品をご愛用いただいている常連様のKEMPERでしたので、

久しぶりにじっくりKEMPERを触る時間をいただく事が出来たので

2016年1月16日のエントリー「KEMPER徹底検証会 in OHAYO STUDIO」

の時に製作したリグを弾いてみました。

今までKEMPERをインピーダンスMODしていただけたお客様に

配ったりしていたものの自身で弾いた事がありませんでした。

音色の話は置いといてピッキングのニュアンスやダイレクト感は

ズバ抜けて良いのを改めて確認出来ました。

元々内蔵されているリグを順番に試しても

ピッキングアタック時の音がヌルヌルしていて弾き応えが全く無い感じがします。

これはやはりプロファイリング時のKEMPERと

マイクとアンプ間のインピーダンス問題に起因しています。

KEMPERの裏側にある「マイク」「オルタナティブ」「エフェクトリターン」の3ヵ所は

入力のインピーダンスがHi-Zハイインピーダンスです。

KEMPER DIRECT OUT→アンプINPUT(Hi-Z)

キャビネットにマイキング→マイクプリアンプ→KEMPER MIC入力(Hi-Z)

この2ヶ所のインピーダンスアンマッチが

プロファイリング後のサウンドに重大な影響を与えています。

Lo-Zローインピーダンス信号がHi-Zハイインピーダンス入力に入るとローカットされます。

これが音ヤセの根本原因なのですが、それに加えてもうひとつ失われます。

ピッキング時のアタック感もインピーダンスアンマッチ箇所ごとに失われて行きます。

これはデジタルエフェクターの時が一番顕著に現れるので厄介です。

その問題があるので今回お客様には一歩突っ込んでマイリグ製作をご提案しました。

ご紹介させていただいたスタジオはもちろんOHAYO STUDIOです。

マイアンプとギターだけ持ち込んでいただければ、その他の環境は完璧に整っています。

今回持ち込まれたアンプは「Marshall VintageModern」です。
IMG_0398.jpg

スタジオにあるKEMPERは既にインピーダンスMOD済みですので、

KEMPER DIRECT OUTとアンプINPUTのインピーダンスマッチングには

FinalStabilizerを使用しています。

IMG_0397.jpg

マイクプリアンプもEVA MicPreAmpを選択しました。
IMG_0391.jpg
キャビネットから鳴っている音を忠実に取り込んでくれます。

IMG_0396.jpg
マイキングも複数使用しオンマイク・オフマイクのサウンドや、

IMG_0394.jpg
ギターソロ用のサウンドとしてブースターを挟んで掛け録りもしました。

合計12種類のプロファイリングを半日掛けて行いました。

後日製作したリグの感想をお聞きした所たいへんご満足いただけたようで一安心です。


KEMPERを触れば触るほど整った環境でリグを製作してみたい衝動に駆られます。

それ程魅力のある機材だと改めて思える機会でした。

KEMPERに関してはリグの再生と製作以外に、

ライブでKEMPERを使用している音を聞いて感じた問題点と解決方法など

書きたい事は山ほどあるのですがとてもブログに纏めきれそうにありません。

その点でお悩みがある方は直接ご相談に来て下さい。


ご紹介したモディファイのご相談やお問い合わせは下記アドレスまで

evaemis@power.email.ne.jp
スポンサーサイト

BOSS GT-1000 インピーダンスMOD

P1060266.jpg

バリバリ新製品の BOSS GT-1000 をインピーダンスMODご依頼いただきました。

ノーマル状態で弾いた印象はアンプモデリングの質感が良くなり、

レイテンシーも感じずストレス無く弾いていられる印象です。

ラインで使ってもアンプリターンで使っても音作りし易いのは

アウトプットセレクトが優秀だからでしょうか。

インピーダンスMODを施した部分はINPUT・RETURN1・RETURN2の3ヵ所です。

単体で使う場合はRETURNのインピーダンスはあまり問題になりませんが、

4ケーブルメソッドやSEND/RETURNにエフェクターを入れて使う場合かなり弊害が出て来ます。

インピーダンスMOD後のテストで使用したスタビライザーはSSPH-HG2です。

P1060273.jpg

先日ご紹介したFRACTAL AX8インピーダンスMODでも好結果の組み合わせでした。

インピーダンスMOD+SSPH-HG2を組み合わせたサウンドはもうテンション上がる音です!

プリセットを送りながらコレ!と、

気に入った音を見つければコントロールが思いのままになると言った感じです。

こんな音出したいと思って弾いているとGT-1000がそれに応えてくれる。

音色どうのこうのでは無くニュアンスです。

ピッキングやタッチ、ギターのボリュームやトーンの操作、

これだけで思いのままに表現出来る。

ずっと弾いていられる。そんな音です。

P1060271.jpg

FRACTALもKEMPERもこのGT-1000もノーマルで本当に良く出来ている。

これは間違いありません。

しかしINPUTの手前で微弱なギターの信号をそのまま入力して使うより、

SSPH-HG2等でギターの信号を高密度・高解像度にして送り込むと

それに充分応えてくれるスゴイ機材なんです。

本当にノーマルで使っているのはもったいないと言える程の違いです。

これらと組み合わせて使いたいスタビライザーは30V動作で圧倒的なダイナミックレンジを持つ

SSPH-HG2かPHC-VIC 30Vしかないでしょう。


しかしGT-1000はテクノロジーとしても大きなブレイクスルーを果たしたのではないでしょうか。

弾く前は10万オーバーの価格に驚きましたが弾けば納得、

10万円でこれだけの機材が手に入る時代になったんだなと思いました。


この記事に関するお問い合わせやご相談は下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp

特注品「Variable Impedance Preamp」

30Vタイプもリリースされてスタビライザーシリーズの中で最も人気の「PHC-VIC
phc-vic 30v

このモデルをベースに今回の特注品は入力インピーダンス値の上限を

最大1MΩから最大8MΩまで引き上げたモデルです。

P1060250.jpg

ピエゾピックアップの出力はインピーダンスが非常に高いものが多く、

それに対応させるべく製作されました。

入力インピーダンス切替はミニスイッチにて3段階のレンジ幅を持たせています。

P1060250_1.jpg

ミニスイッチ右側の切替で2MΩ幅単位でレンジ幅を選択します。

選択したレンジをツマミにて無段階にインピーダンス調整出来ます。
・100kΩ~2MΩ
・2MΩ~4MΩ
・6MΩ~8MΩ

ミニスイッチ左側は通過レンジの切替です。
・MID 中低域寄りへレンジシフト
・NOR ノーマル
・LOW 低域よりへレンジシフト

ピエゾを搭載したエレアコやウッドベースなどは

少し低域へ重心をズラす事で胴鳴り感が得られます。

P1060250_2.jpg

ツマミ左側「H/A GAIN」は入力された信号を最大10dbまでブーストします。

出力の弱いピエゾピックアップのゲインを補正します。

例えばマグネットピックアップと両方使う場合に

出力の高いマグネットピックアップとのバランスを取る事が可能です。


本体の電源は電池の他、外部DC9V~18Vを入力する事で

内部30Vへ昇圧安定させる新回路です。

圧倒的なダイナミックレンジと広範囲のインピーダンス調整で、

繊細なピエゾピックアップの能力を最大限引き出せます。


今回のインピーダンスレンジはオーナー様の

ピックアップの特性に合わせたレンジとなっております。

もっと上のレンジを調整出来るようにする事も可能です。

ポットの調整幅の限界がありますので2MΩ単位幅での無段階調整となります。

ケースサイズも電池内蔵でなければ小さくする事も可能です。


この記事に関するお問い合わせやご相談は下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp

「FRACTAL AX8 インピーダンスMOD」

P1060218.jpg

FRACTL AX8 フロアタイプのモディファイご依頼は初めてでした。

P1060219.jpg

FX2になってからはマルチ特有のピッキングの暗さも解消されノーマルでの優秀さが光ります。

FX2をインピーダンスMODするにあたって着目したのはINPUT2のバランス入力です。

当社のスタビライザー(PHC-VIC・PHC-VIC 30V・SSPH-HG2)はバランス出力が可能です。

ハイインピーダンス値であるINPUT2をインピーダンスMODして

スタビライザーとバランス接続する事が可能となります。

しかしAX8にはINPUT2が無くIN1(INSTRUMENT)しかありません。

IN2(FX RTN)がバランス入力なので内部パラメーターで

IN2(FX LOOP)の位置をIN1の直後に並べ替え、

IN1(INSTRUMENT)を使わずスタビライザーからTRSケーブルで

IN2(FX RTN)に繫ぐ事でバランス接続する事にしました。

お預かりした当初はオーナー様の使用方法と同様の接続方法

AX8からアンプのリターンへ接続してサウンドチェックしましたが、

どうも音が馴染まない感じがして一体感が出ず

現場にあるアンプのリターンを使ってのサウンドメイクは難しそうだなと言う印象でした。

モディファイ箇所は計3ヵ所(IN1・IN2 L&R)です。

もちろんIN1を使って通常のアンバランス接続も可能です。

今回同時に購入していただいたスタビライザーは「SSPH-HG2 HighGradeSoundStabilizer」です。

2017年モデル一覧よりご参照下さい。

今まで18Vで使用したい時は外部電源で18Vアダプター等を用意する必要がありましたが、

PHC-VIC 30VとSSPH-HG2は外部電源が9Vでも

内部で30Vに昇圧安定する新設計の電源回路を持っています。

この30VスタビライザーとインピーダンスMODを施したAX8の相性は抜群でした。

直接プラグインした時に比べ音の密度と解像度が飛躍的に向上しました。

「少し良くなったかな?」「音が変わったかな?」とか微妙な変化ではありません。

この変化はご依頼品ご返送後のオーナー様からのメールで

「さっそくスタジオで音出ししましたが以前使っていたAX8が

まるで別物に感じるくらい音質がよくなっていて大変びっくりしました。」


そのスタビライザーとインピーダンスMODの相乗効果を充分にご体感いただけたようでした。

30Vスタビライザーはギターの微弱なパッシブ信号を根こそぎ引き出し、

高密度・高解像度のローインピーダンス信号に変換する非常に重要な役割を担っています。

この高密度・高解像度のローインピーダンス信号を余す事無くAX8に伝達するには

AX8のインプットをローインピーダンス専用にモディファイする必要がある訳です。

こちらでも色々テストさせていただきましたが

アンプのリターンに接続して鳴らした時の馴染みが悪く

一体感の無かったサウンドがかなり良くなりました。

もちろん繫ぐアンプとキャビネットのキャラクターの音は付き纏いますが、

アンプとの馴染みが良く一体感が出るため非常に音作りがし易くなりました。

この効果はフロアタイプであるAX8の優位性を更に高める事に貢献しています。

FRACTAL AXE FX2をインピーダンスMODを始めた頃は

30Vスタビライザーがありませんでしたので、

一世代前のFRACTAL AXE ULTRAを

インピーダンスMODした時のような劇的な変化は望めませんでした。

進化した30VスタビライザーとAXE FX2やAX8の組み合わせによる変化は

「劇的」と表現して差し支えないかと思います。


AX8をインピーダンスMODしIN2(FX RTN)を使ったバランス接続させた際の注意点があります。

・内蔵チューナーが使えなくなる

・アンプに繫いだ音とXLRアウトの音をミックスして使えなくなる

以上です。


この記事に関するお問い合わせやご相談は下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp

「ベースシステムについて」

これから書く内容は主にライブをするプレイヤー向けのお話です。

ベーシストが楽器店でエフェクターなどを選ぶ場合100%アンプに繫いで試奏しますよね。

またエフェクターボードに並べたエフェクターで音作りする場合

スタジオなどでアンプで音出ししながら音決めしますよね。

ライブのリハーサルでもアンプから音を出しながら音決めしますよね。

でもそのアンプから出ている音って何パーセントくらい外音に反映されていますか?

会場によってはマイキングすらされずD・Iを介したライン音のみの場合もあります。

EVAへ直接ご来店いただいてベースシステムのご相談を受けた場合、

まずベース本体とエフェクターボードの位相を調べます。

位相を調べきちんと管理した上「正相」でプレイするのは

イロハのイなのでここからスタートです。

今まで「逆相」でプレイしていたと分かったらまず位相を合わせる。

これだけで音の悩みが一気に解決される方がほとんどです。(音ヌケのお話)

ここからが本題です。

ベースシステムはまずベース本体からD・Iまでのラインを整備しましょうと言うご提案です。

位相は音の方向、インピーダンスマッチングは音の経路の整備です。

音の方向である位相を切り替える製品は当社の各種スタビライザーまたはD・Iで行います。

ベース→エフェクター→D・Iまでの音の経路を整備する=インピーダンスマッチングです。

パッシブベースの出力信号はハイインピーダンス(以下Hi-Z)で

非常に微弱で外来ノイズの影響を受けやすい信号です。

この微弱なHi-Z信号をスタビライザーを通し

ノイズの影響を受けにくいローインピーダンス(以下Lo-Z)信号へ変換します。

問題はこの後エフェクターを繫いで行くとインピーダンスマッチングの問題が起こります。

スタビライザー(バッファ)などでインピーダンスを下げたLo-Z信号が

エフェクターのインプット(Hi-Z)に入るとローカットが起こります。

これが音ヤセの根本原因です。

普通のエフェクターの入力値は大体1MΩですが、

エフェクターを通過しLo-Zに変換された信号は大体1kΩです。

出力された1kΩの信号が次のエフェクター入力1MΩに入力されます。

ピンと来ないかもしれませんが1,000Ω(千オーム)と1,000,000Ω(百万オーム)です。

水道管と土管を無理矢理繫げようとしているようなものです。

この根本原因を解決する方法がインピーダンスMODです。

エフェクターのインプットの値をHi-ZからLo-Z専用に改造します。

本来エフェクターなりアンプの受け口がHi-Z(土管サイズ)でいいのは

ベースを直接入力する一つ目の受け口のみです。

※出力そのものがLo-Zのアクティブベースは

そもそもどこに繫いでもインピーダンスが合わない楽器です。

ベースのHi-Z信号を一旦スタビライザー(バッファ)で

Lo-Z信号(水道管サイズ)に変換したら、

D・Iまでの経路の音漏れ(音ヤセ)を無くして同じパイプ径で

繫いでしまおうと言うのがザックリしたイメージです。

P1060144.jpg

この画像は最近エフェクターからD・Iまで全て手を入れさせていただいた一例です。

D・Iを含めた8機種全てインピーダンスMODを施しました。

さらに8機種のうち4機種がエフェクトONで位相が

反転してしまうので反転しないよう位相反転処置も施しました。

お使いのエフェクターの中にはスタビライザーに相当するバッファもあったのですが、

ゲインが上がってしまう構造で音質変化も著しかったので

現在スタビライザーに入れ替えを検討いただいている所です。

直接ご来店いただけたお客様にはよくライブを動画に撮って

客席でどんな音がしているか確認してみて下さいとお話しています。

ライン音源ではダメでPAブース辺りにカメラを置いて

エアーで撮った音を確認してほしいのです。

まず逆相だとベースサウンドがボケボケモヤモヤで

何を弾いているのか分からないはずです。

正相なのに音の線が細い、

存在感が薄い、

音が遠い、

エフェクターON/OFFによる音の変化が分かり難い、

この辺りの問題はインピーダンスに起因しています。

インピーダンスマッチングしたシステムでは

ベース本来の音の太さとエフェクターで作りこんだサウンドが

滲まずホヤけずエフェクターON/OFFでのメリハリを保ったまま、

まるで目の前で弾いてもらっているかのようにダイレクトに客席に届きます。

アンプでバッチリ輪郭のあるエッジの効いた音作りしたのに

録画を見ると作った音(意図していた音)と

全然違ってるって経験があると思うんですけど。



どうしてもアンプで音を作りこみたいってプレイヤーの方、

最近は小型軽量のベースアンプヘッドが

沢山リリースされていますし思い切って導入してしまうのもアリです。

D・Iも搭載されている物がほとんどですので

アンプのインプットをインピーダンスMODします。

アンプ内蔵D・Iまでインピーダンスマッチングしたシステムを構築します。

そうすればアンプで作りこんだ音をアンプ内蔵D・Iを介して外音に反映されますし、

もちろんキャビネットからの出音も新たな次元の出音が体感出来ます。

D・Iを買う必要もありません。


最近は沢山のエフェクターを組み込んだ大きなエフェクターボードを

持っておられるベーシストも珍しくありません。

いきなり全てのエフェクターに手を加えて

スタビライザーとD・Iまで導入となると予算の問題もあるかと思います。

結局段階を経る形になりますがまず何から導入するべきか、

どこから手を加えるべきかなど効果的な順番は

システムごとに違って来ますのでまずはご相談下さい。


竿を買い替える、

エフェクターを入れ替える、

アウトボードプリアンプを何台も使い分ける、

音の悩みの解決策を模索しているとどうしても

目先の音色変化を追いかけてしまいます。

一度システムを見直す機会として音の方向(位相)と

音の経路(インピーダンスマッチング)に手を入れて

音の出方そのものをコントロールしてみませんか。

初期投資こそ大きく感じられますが

結果的に一番コストパフォーマンスが高く

出音向上の費用対効果にご納得いただけるかと思います。


この記事に関するお問い合わせやご相談は下記アドレスまで。

evaemis@power.email.ne.jp
プロフィール

evaemis

Author:evaemis
大阪でオリジナルエフェクターやエフェクトボード製作を手掛けるEVA電子楽器サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。